MV

MVの視聴回数は無理をしてでも増やすべきか

更新日:

結論から言うと、視聴回数は増やした方が良いです。

ただ「視聴回数を増やす」と言うよりも、

「他人に見てもらう回数を増やす」べきであると思っています。

MVはミュージックビデオの略ですが、少し前まではPV=プロモーションビデオと呼ばれる方が一般的でした。

今では映像自体も作品の一部と言う意味合いが強くなった事もありMVと呼ぶ方が多くなりましたが、もし貴方がまだ大ヒット作をもつアーティストでない場合、

MVは作品や自分達の活動を広める為のプロモーションビデオと捉えるべきだと私たちは考えています。

多くの人に自分達を知ってもらう為にプロモーションビデオを使って自分達を宣伝しないといけません。

貴方のプロモーションビデオは自分達の宣伝になっていますか?

YouTubeにアップをしてSNSで拡散を求めても、よっぽどの事がない限りなかなか視聴回数は伸びません。

自分達を宣伝する為のPVも視聴されなければ、意味がありません。

ライブハウスにもネットにも、まだ陽を浴びていない良い作品があります。

ただ、その存在を世の中に気づいてもらえていないケースを見かけます。

だから、私たちはアーティスト自身を宣伝するPVの宣伝方法を探していました。

そして、YouTube広告に出会い、研究とテストを繰り返し、これには可能性があると確信しました。

YouTuberがYouTubeで稼ぐご時世に、YouTubeにお金を払うのかよ。とお思いになるかもしれません。

しかし、自分達で出来る「他人に自分達を広く宣伝する方法」の数少ない手段だと思います。

もしご自身でやって見ようと思われる場合は、是非やって見てください。
最初は理解するまでが大変で損してしまう事もあるかも知れませんが、きっと得るものもあると思います。

ただ作品を作るといった本業が疎かになってしまっては意味がありません。

活動が苦しくなる状況であれば勿論、無理をして宣伝費を捻出する必要はありません。ただ「ここぞ」という時は是非私たちにご相談ください。精一杯対応させていただきます。

またその際は是非「回数重視プラン」ではなく、広告の本当の効果を出す為に「本気広告プラン」をご選択ください。

-MV

Copyright© MVPVの視聴回数を増やす , 2019 AllRights Reserved.