若者層が自宅待機している事によりYouTubeの利用者が爆発的に伸びています。広告出稿に適した時期となります。

【お客様からの質問】個人でYouTube広告を出すのと何が違いますか?

Youtube広告はもちろん個人でも出稿する事が可能でございます。

弊社で代行させていただいた場合との『広告』としての違いは一切ございません。

ただ、限られた予算で可能な限りの広告の『効果』を引き出す為には”いくつかの作業・ノウハウ”が必要となると弊社の広告班は考えており、それを実施させていただきます。

アーティストさん自身で経験値がない状態で出稿するよりは、『効果』を引き出す可能性を高める事が出来ると考えております。

※弊社の広告班はそのノウハウを習得する為に昨年、200万円以上分の試験広告を行いました。

しかし事例といたしまして、本気広告を行ってもチャンネル登録者が一切増えないケースもございます。

一方で公開して数週間、全然数字が伸びない状況から、本気広告でプチBUZZの発生に繋がり1万人以上のチャンネル登録者を獲得したケースもあります。

(上記事例のチャンネルURLの公開は控えさせていただいております)

以下の海外向けのチャンネルは本気広告(3000回プラン)でプチBUZZの発生に繋がり25万回以上の再生回数、数週間でチャンネル登録者が2,500人以上増えました。

https://www.youtube.com/channel/UCDntcu9_dp3WOrvE-hAHmBQ
※事例公開承諾済み

私達は『効果』を引き出す可能性を高める事しか出来ませんが、ご依頼をいただいた場合は全力を尽くさせていただいております。

もし宜しければご検討くださいませ。